タグ:東京 ( 13 ) タグの人気記事
雪道の歩き方 / 春先どりのリバティいろいろ
d0232956_23482413.jpg


このときはまだ、雪の降りはじめ。
アスファルトの道に咲く、雪中花。
内堀通りにて。

そして夜の帰宅道。
すっかり積もりました。

d0232956_23522574.jpg

近所のスーパーへ買い物に出たついでに、
北海道・旭川出身のおとうちゃんに
雪道の歩き方を教えてもらいました。

雪の状態によって歩き方は変わるそうですが、
基本は、ミッドフット着地! だそうです。
ソールは、すべりにくいゴムがおすすめ。
アッパーは、水がしみこみにくいゴムやビニール。
はけるなら、長靴のほうがいい。

「歩道では、
まだ踏みしめていない雪の上を歩くといいよ。
そのほうがすべりにくいんだ。
踏みしめている足あとの上を歩くと
けっこうすべりやすい。

だけど、横断歩道では逆。
雪の少ないところ、雪の少ないところに
一歩一歩足を下ろして渡ること。

車のタイヤが通らないところは、
雪がどんどん高く積み上がっていくので
その山をまたぐように歩くといいよ」

私自身は、雪の札幌を歩いたとき、
横断歩道の塗装の上がとてもすべりやすかったので、
塗装部分をまたぎ、またぎ、渡りました。

d0232956_01122965.jpg

雪道、お気をつけて!



限定販売色&限定復刻色より、
春先どりの気になる人気柄をいくつか。

お待ちかねの再販は、1月23日19時~
限定カラーのラミネートも
あっという間に売り切れてしまうので
今度こそ手に入れられるといいな~。

ベッツィ クラシックグリーン
ラミネート↓

タナローン → こちら

フロリバンダ ベージュ&ライトブルー
ラミネート↓
タナローン↓



フェリシテ ライトピンク
ラミネート↓
タナローン↓



d0232956_18551214.jpg


ひょっこり、追加販売中!

リバティ&雑貨福袋
リバティのバッグ1点、ポーチなど
雑貨好きな方にも楽しめる内容です。

数量限定 cortina(コルティーナ)さんの
2018年新春福袋 marimekko

月1販売・北欧はぎれ福袋
なくなり次第終了

(クリックでショップの商品ページへジャンプします)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキング参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪


[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2018-01-23 01:42 | LIBERTY 生地 | Comments(0)
浅田次郎さん サイン会へ行ってきました!『おもかげ』刊行記念
東京駅・丸の内北口から徒歩1分。
丸善丸の内本店で開催の
浅田次郎さん サイン会へ。

毎日新聞連載作『おもかげ』の
単行本刊行記念です。

(クリックで楽天ブックスの商品ページへジャンプします)


サイン会に並んだのは、
整理券を持つ100名。
開始30分前に到着した私ですが、
それでも前から数えると40番台くらいで、
長い行列は丸善のある
丸の内オアゾの吹き抜けの通路へ。
待っている間に、ビル内とはいえ、
身体が冷えてきて、
本を持つ手が冷たくなりました。

19時。ワーッという歓声と拍手が
明るい店内から聞こえてきて、
浅田次郎さんの登場を知りました。

行列は1歩1歩少しずつ進み、
前から8番目くらいになってやっと、
サインをしている姿が見えてきました。

筆ペンを持つ右手の下に左手をしいて、
美しい姿勢でさらさらさら。

その右側にいる関係者の若い男性が、
サインの間、開いた本の表紙を押さえています。

サインを終えた浅田次郎さんと
本の購入者が握手している間に、
今度は左側にいる関係者の男性が落款を押し、

そして、3人目の関係者の男性が、
インクがつかないよう和紙をはさんで
本を手渡して、にっこり。

それを100人。たいへんですが、
スムーズでムダのない慣れた動き、
さすがです。

いよいよ私の番がきました!

〇〇様、のところは、私ではなく、
父の名前をお願いしました。

入院している父は、
病室に届けられる新聞を読むのが
日課で、楽しみになっています。

『おもかげ』の連載が始まったころ、
「主人公は自分と重なるところがある、
面白くて夢中で読んでいるよ」
と、父は何度も話題にしていました。

もうすぐ連載が終わるという時は、
激動の昭和を生き抜いた自分たちのことが
描かれていた、と
父は感慨深げで、
単行本になるのを心待ちにしていました。

私も読みました、『おもかげ』。
浅田次郎さんのつむぐ素敵なお話に
涙がじんわり。
人生で出会う人々のことを想い、
愛が広がります。

クリスマスにぴったりの1冊です。

さて、再び、浅田次郎さん。
作品から白い雪のイメージだったのですが、
握手のとき伝わってくる空気は
ふわっとやわらかくて、まるで、
“あたたかい 白い雪”。

『おもかげ』、さっそく
読み返してみたいと思います。


丸善丸の内本店がある
丸の内oazo(オアゾ)前の

d0232956_00191285.jpg
この大きな花の前で
写真を撮る人が次々と。

d0232956_00184275.jpg

東京ミチテラス 2017 × ニコライ・バーグマン

ロマンチックやわ~^^

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキング参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪



[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2017-12-19 00:01 | 本(ソーイング以外) | Comments(0)
東京駅。新幹線まで時間があるときは...
d0232956_16101429.jpg


東京駅から徒歩約1分、
KITTE の巨大クリスマスツリー。

見とれている間にも
色が次々と変化していきます。

d0232956_16100715.jpg
d0232956_16343886.jpg

幻想的。美しいな~。
さらに時間があるときは、
もみの木を眺めながら
6階の屋上庭園へ。

束の間の休息^^

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ





[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2017-12-11 19:20 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(0)
スカイツリー・東京パラリンピック1000日前
d0232956_21120773.jpg

あたたかい、いいお天気です。

東京パラリンピック
1000日前の11月29日。

スカイツリーは、
パラリンピックのシンボルマーク
スリーアギトスにちなんで、
赤・青・緑のパラリンピックカラーに点灯。
d0232956_21122202.jpg

ソラマチは、
イルミネーションきらきら。

d0232956_21123393.jpg

どことなく
なつかしさを感じてしまうのはなぜ?
d0232956_21124015.jpg

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ



[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2017-11-29 21:27 | スポーツ・パラスポーツ | Comments(0)
ユニコーンと出会い、森鴎外の鼠坂を歩く
d0232956_21323257.jpg


ちょっと電話できる場所を、
と探していたら、通りの向こうに
ユニコーンがいる広場があるよ、と
誘われやってきました。

大きい! 彫刻のユニコーン。
偉大な力の象徴。

広場の名前は、カイザースラウテルン。
ドイツの姉妹都市名を冠した
文京区のかわいい広場でした。

「お父さんが楽しみに読んできた、
朝刊に連載中の浅田次郎『おもかげ』が
今月いっぱいで終わるよ」

父と電話で会話する広場は、
ミンミンゼミが賑やか。


d0232956_21324325.jpg


この坂を? 自転車を降りずに
この坂を下る人が?

乗ったままの通行はやめましょう!
という黄色い看板がそばにあるのです。

志賀直哉が自転車でキリシタン坂を滑り下りた、

ことを知って以来の衝撃です。
(文豪たちに「キリシタン坂」と呼ばれた坂は、
文京区によると「庚申坂」のことで、
キリシタン坂は・・・記事こちら→


途中まで歩いて下ってきて、
この坂の名前を知りました。
d0232956_21325399.jpg

画像クリックで拡大します↓
d0232956_21330199.jpg


「小日向から音羽へ降りる鼠坂と云う坂がある。」
森鴎外『鼠坂』(ねずみざか)より


ここを歩いたのがきっかけで夜、読みました、
鼠坂。
昔からあまり好きになれなかった
森鴎外ですが、うーん・・・。



坂の途中で鼠坂とその名を知り、
下ってきた坂をふりかえると
d0232956_21331227.jpg

坂の上に佇む、赤いワンピの女の子が。

ときどき傘をさしながらの
散歩でした。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ



[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2017-07-23 23:24 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(0)
やっと実現! 6月の護国寺 月次御開帳へ
d0232956_11472474.jpg
ずっと行きたかった
護国寺(東京都文京区)の月次御開帳(毎月18日)へ。

日曜日ということもあってお参りの人も多く、
9時からの開帳法要のあと、
本堂内の右側には長い長い行列が。

順番に観音さま(如意輪観世音菩薩)の前へ進み、
手を合わせます。
その美しい観音さまは、見上げる高さに。
私たちのことをよく見て、よく聞いてくださるそうで、
こうやって近くへ行けるたび、
少しずつでも清い心の私になっていたいものです。

本堂に50以上ある太い柱は、300年以上にわたり
ありがたいお経をずっと聞いてきた “開運柱”。
柱に抱きついて願い事をすると叶うそう。
私、そして、あちらの柱でも抱きついている女性あり(笑)

同じく本堂の、左側に撫で仏のおびんずるさまが。
痛いところや、病気や傷のあるところと
同じ場所を撫でて祈ると、病気が治るといわれ、
おびんずるさまの体はツルツル。
祈りが光沢となってあらわれています。

d0232956_11471414.jpg

こちらは、奥に見える大師堂と、
どんな願い事も聞いてくれるという
お地蔵さま(一言地蔵尊)のところへ続く道。

一度にお願いできるのは一言だけ。
アジサイを眺めながら、
お地蔵さまへの順番待ちしながら
さて今日はどんな一言を・・・。

観音霊場である護国寺。
おまいりで心や体が軽くなったように
感じる方もいるそうです。
確かに、本堂で過ごすと心がしんとして、
帰る頃にはリフレッシュ、すがすがしい気持ちになります。

前からおまいりしたかったけれど、ずっとできなかったのです。
観音さまのご縁日の18日、やっとここに来れました。
おまいりできたことがいちばんの御利益!


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ


美しいあじさい&6月のイメージショット!


[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2017-06-18 14:24 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(2)
映画「沈黙ーサイレンスー」主人公ロドリゴのモデルを訪ねて(東京都文京区編)
公開を楽しみに待っていました、
映画『沈黙ーサイレンスー』。

公式サイト → こちら

『沈黙』(遠藤周作)

舞台は、江戸初期
キリシタン弾圧下の長崎――。

宣教師フェレイラが
日本で捕えられ棄教した、
という知らせが
弟子のロドリゴとガルペのもとに
もたらされる。

その消息を追い、
二人は日本人キチジローの手引きで
マカオから長崎へと潜入する――。

この続きは、ぜひ映画で。

遠藤周作の『沈黙』を
まだ読んだことのない人は、
まっ白な状態で
主人公のロドリゴ神父と
この映画で出会うんですね。

それもまた素晴らしく、
うらやましく思います。

私が初めて『沈黙』を読んだのは
高校2年生のときです。

学校の図書館でめぐり合い、
読みながら、肩をつかまれ
体を揺さぶられるような、
経験したことのない
強い衝撃を受けました。

すごい本だ!

以来、人生のところどころで
思い立っては読み返してきましたが、
ここ数年はどういうわけか、
自宅の本棚に立ったまま。

そんな私でも、
踏み絵のイエス・キリストと
スクリーンごしに向かい合ったとき、
シューシューと得体のしれない
「気」(?) のようなものが、
私の首の後ろから天に向かって
一気に昇っていくのを感じました。

やはり、すごい映画だ!


ロドリゴ神父のモデルといわれる
ジュゼッペ・キアラ神父。

キアラ神父が収容されていた
切支丹屋敷跡 を訪ねました。
(撮影は2017年1月22日)

小日向台町小学校のグランド横を
通り過ぎた角に、
案内板がありました。
d0232956_23480082.jpg
ここは東京都文京区
小日向(こひなた)2丁目。

案内板の地図によると、
切支丹屋敷跡は
小日向1丁目。
d0232956_23483743.jpg

切支丹屋敷跡には現在、
マンションが建っています。
跡地の一部に説明文↓

d0232956_00052652.jpg

d0232956_01131457.jpg

こちらは、説明文の
道路をはさんだ反対側、
切支丹屋敷跡の碑↓

d0232956_01172630.jpg

「イノウエさま」
井上筑後守政重の名前があります。
d0232956_01203615.jpg


d0232956_01332238.jpg

マンション建設前の発掘調査で、
3体の人骨が発見されました。

国立科学博物館、おなじみ「科博(かはく)」の調査で、
そのうち1体が
イタリア人の遺伝的特徴を持つ
中年男性であることが判明。
DNAが残っていて分析できたのだそう。
死後300年経って、です。
すごいですね。

文献によると、屋敷内に埋葬されたイタリア人は
宣教師のジョバンニ・バチスタ・シドッチのみ。
47歳で獄死したシドッチ本人の骨だと
身元断定されました。

詳しい記事と、
シドッチ神父(1668-1714)の
復顔像の写真は → こちら

キアラ神父(1602-85)は
キリシタン屋敷で死去、
火葬されています。

一方、キリシタン禁制下に潜入した
「最後のバテレン」シドッチ神父は、
“キリスト教の様式にほぼのっとって”
葬られています。

その理由はリンク先の記事にあるように
新井白石らの影響があるのでしょうか。
幕府に聞いてみたいものです。

切支丹屋敷跡の碑の左側に
出土した人骨調査の資料がありました。
d0232956_01493763.jpg

再び、冒頭の案内板の画像を
カメラで拡大表示(笑)

切支丹屋敷跡 近くにある
「切支丹坂」を目指します。

d0232956_02024637.jpg

どうやらこの坂のようです。

坂を下った先に、
東京メトロ丸の内線の
ガードが見えます。

マップ的には間違いないのですが・・・。

d0232956_01524490.jpg

ガード下をくぐった先に
また別の坂があらわれました。
今度は上り坂。
その急な階段を上ると、
このような案内が。

d0232956_02110136.jpg

キリシタン坂はここじゃないですよ、
地下鉄ガードの向こう側ですよ、

と わざわざ書くほど、

この庚申坂こそ、文豪たちに
「キリシタン坂」と呼ばれてきた
その場所のようです。

上ってきた庚申坂がこちら↓

d0232956_02200586.jpg

めっちゃ西日、逆光です。
坂は途中でカクンと大きく曲がり、
通ってきたガード下へと続きます。

志賀直哉は、
少年時代にこの坂を
ブレーキのない自転車に乗って
ズルズル滑り降りた、らしい。

その当時、今のような階段では
なかったにしても、
このような急勾配の坂、いやいや 崖を、
チャリで攻め降りるなんて・・・

奈良の、静かでモダンな
志賀直哉の旧居を見学し、
たかばたけサロンで
ティータイムを過ごしたあの日。

私が勝手に抱いていた
志賀直哉のイメージも、
QUEENのバイセコーが流れる
チャレンジャー少年に変わりました。

d0232956_04092298.jpg

切支丹屋敷跡
切支丹坂
庚申坂(文豪たちのキリシタン坂?)
と、『沈黙』のモデル
宣教師 ジュゼッペ・キアラ神父
ゆかりの地を巡って、
春日通りをてくてくと
文京区小石川3丁目の
伝通院(傳通院・でんづういん)へ。

d0232956_03450678.jpg

再建された山門。

パリにノートルダムがあるように、
小石川にも伝通院がある――。

永井荷風は、この寺の美しさを
ノートルダム寺院に重ねて
表現しています。

門の中へ。
広い! 空も広い!

本堂です。
d0232956_03491533.jpg
伝通院は、徳川家康の母、
於大の方(おだいのかた)の菩提寺。
時代に翻弄された千姫を始め、
徳川家由縁の方々の
古い諸廟所があります。

そして、
著名人の墓地も。

d0232956_04455587.jpg
↑十八 宣教師ジョセフ岡本三(右)衛門神父供養碑

観音堂に立ち寄り、お参りする旨伝えて
参拝図のその場所へ。

遠藤周作の『沈黙』、そして
マーティン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』

主人公・ロドリゴを通して知った
キアラ神父の、ゆかりの地を辿って
ここへきましたが・・・。

供養碑の前に立ったとき、
目の前に感じる違和感と
自分に感じる違和感とで、
ここにいてはいけないような、
いたたまれない気持ちになりました。

岡本三右衛門、という処刑武士の名前を
与えられたその人が、望んだこと。
40年以上も幽閉されたその人が、
自分の死後、この地の人々に望むこと。

伝通院からの帰り道、
花屋さんの入り口に咲く
水仙の鉢植えを見つけました。

「花が咲き終わったら、
茶色く枯れた花だけを手で摘み、
葉が残る球根を
日当たりのよい場所に植えかえると、
来年も花が楽しめます」

お店の人に水仙の育て方を聞いていて、
キアラ神父の言葉を聞いたような
気持ちになりました。

花開き、やがてそれが朽ちても
新しい場所に根づき、
やがていつか花開く。

信仰はこの水仙のようであり、
生きることもまた、
重なるところがある。

そう感じることができただけでも
今日の収穫だったかなと思うと、
少し気持ちが救われました。

d0232956_09023006.jpg

キアラ神父の墓碑について、詳細 → こちら


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ

にほんブログ村




[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2017-01-25 09:44 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(0)
東京パワースポットでお花見 2016
d0232956_17580726.jpg
東京メトロ有楽町線・江戸川橋駅すぐ、
江戸川公園の神田川桜並木です。

d0232956_18053974.jpg
概要によると、桜は21本。
さくら21、会社名みたいで覚えやすいです。
別に覚える必要はないのですが(笑)

対岸から眺めてみました。
この日は、お天気がいまひとつ。

d0232956_18110838.jpg
晴れた日には、
青空を背景に川面に映り込んだ花が、
流れ落ちる滝のように見えます。
d0232956_16103143.jpeg
桜並木を先へ歩くと
幸せオーラに包まれた椿山荘や
カテドラル大聖堂へ。
パワーに満ちた大好きなエリアです。

夜桜ライトアップ。
こちらは4月4日の様子です。
d0232956_16110346.jpg


パワースポットと聞いて、
小石川後楽園へ。
d0232956_16113512.jpg

満開の桜の下は、
記念撮影の人だかり。

d0232956_00275790.jpg

想像していたのと違って、
意外に桜少ないな~と思ったら、
紅葉の名所だそうです(笑)

d0232956_00274971.jpg

公園内をのんびりのんびり歩いていると、
甲羅干しの亀や、
文京区の小学生が田植えするという田んぼが。

d0232956_16112072.jpg

足元には水たまり。
靴が泥んこになるのも久しぶりです。

写真では白くとんでしまっていますが、
お隣の東京ドームの屋根が見えます。

この日は、
北海道日本ハムファイターズ
VS 福岡ソフトバンクホークス
試合の真っ最中で、
応援や歓声も聞こえてきました。

d0232956_00251099.jpg


パワースポットつながりで、
こちらは文京区・護国寺。
(3月12日撮影)

毎月第2土曜日に、
骨董市が開催されています。
d0232956_00474443.jpg

護国寺といえば、玉の輿!
良縁祈願、恋愛運アップなど
女性に人気のパワースポット。

これは、今年の初詣での護国寺本堂。
広がる空、すがすがしい気持ちになります。
d0232956_17174660.jpg
私のおすすめパワースポットを、もう1カ所。
護国寺にある一言地蔵尊です。

一度にお願いできるのはひとことだけ、
そのたったひとつの願いを
叶えてくれるお地蔵さん。

「ただ1つだけ願い事が叶うとしたら」
何を願うか、
これはなかなか究極の問いです。

1つに絞り込むのに
うぐぐぐ苦しむ私、
欲深いですね~。

願うひとことは
毎回違うのですが、
不思議と叶っているのです。
ありがたいことです。

私にとっては究極の願い事ですが、
叶うたび、おとうちゃんには
「そんなこと願ってたの~」
と大笑いされてしまいます。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています
お帰りにポチっとお願いします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ


[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2016-04-05 21:23 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(0)
DAIGO~!!
d0232956_20140205.jpg

沿道で応援しました、
もうすぐ武道館!
がんばって!


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓


にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ


[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2015-08-23 20:17 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(0)
不忍池で

d0232956_00490898.jpg
一面の蓮!
向こうには弁天堂。

ここは不忍池、
といえば、
夏目漱石の 『こころ』 



その 『こころ』 は、
新潮文庫の発行部数
累計ナンバーワン!
なのだそうです。

夏目漱石 『こころ』



2位は
太宰治 『人間失格』


「漱石に太宰、
どっちも登場人物が
苦悩する物語なんだよね。
こういうお話、
好きなんだね、私たち」

「これがアメリカになると、
『ハックルベリー・フィン』
なんだって」

好んで読まれる本にも
お国柄が。
なんて面白い!

一緒に飲んだ帰り道。
この話、実はテレビでやってたんだ、
先輩はそう言って
「ふふふ」と笑ったのでした。



ということで、
ふと思い立って
不忍池へ。

蓮の花は、
朝早い時間なら
咲いているのでしょうね、
花ひらくときは
ポンと音をたてて。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓


にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ

d0232956_14593162.jpg


[PR]
by Mrs-Piggle-Wiggle | 2015-08-16 00:50 | 旅・お出かけ・散歩 | Comments(0)



ハンドメイド、スポーツ、旅…。日々の暮らしのなかで出会うワクワクや、心がジーンとする美しいもの、そして、おいしいコーヒー。私をリフレッシュしてくれる小さな幸せを見つけてつづります。
by Mrs-Piggle-Wiggle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
LIBERTY 生地
ハンドメイド はぎれで作る
ハンドメイド 大人服
ハンドメイド 子供服
ハンドメイド 布小物
ハンドメイド リメイク
ハンドメイド 販売
ソーイング メモ
本(ソーイング)・型紙
本(ソーイング以外)
旅・お出かけ・散歩
スポーツ・パラスポーツ
住まいと暮らし
インテリア・収納
ちょっとひといき
未分類
タグ
(91)
(26)
(22)
(20)
(17)
(13)
(13)
(12)
(10)
(8)
(7)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
最新の記事
雪道の歩き方 / 春先どりの..
at 2018-01-23 01:42
リバティ気球柄に想いをのせて..
at 2018-01-20 20:11
次の世代に伝えたいこと / ..
at 2018-01-17 23:46
リバティ4種をつないでスヌー..
at 2018-01-16 22:12
フランス刺繍ファブリックで巾..
at 2018-01-12 02:25
青のバッグ完成! / 輸入リ..
at 2018-01-09 09:45
星野仙一さん を悼む
at 2018-01-07 11:15
リバティのはぎれで作る~ブル..
at 2018-01-06 20:52
LINNET さんの福袋! ..
at 2018-01-05 14:59
恐竜柄にロケット柄、そして夢..
at 2018-01-02 06:26
2018年リバティ福袋③ 良..
at 2017-12-30 00:00
ウィンターセールがスタート!..
at 2017-12-28 16:43
リバティのはぎれで作る☆手帳..
at 2017-12-26 18:18
リバティのはぎれで作る☆聖な..
at 2017-12-25 22:34
メリー・クリスマス!
at 2017-12-25 00:10
リバティ×刺繍 ポケット付き..
at 2017-12-23 08:36
試したい!さすだけの簡単 “..
at 2017-12-21 02:34
浅田次郎さん サイン会へ行っ..
at 2017-12-19 00:01
marimekkoセット 北..
at 2017-12-16 04:09
旅を彩るリバティ福袋! / ..
at 2017-12-15 20:17
最新のコメント
> mami-2013さ..
by Mrs-Piggle-Wiggle at 01:11
はじめまして。 みんな..
by mami-2013 at 18:49
> juliastard..
by Mrs-Piggle-Wiggle at 07:08
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 06月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
フォロー中のブログ
やさしい時間
コバチャンのBLOG
aya's photo
空の見えるベランダから
Wind Tribe S...
幻に魅せられて…
photo NOW 2007
君に届け
le petit sac
toriko
イタリア写真草子 Fot...
kicoのpochette
blog~夢飛行~
風の青
Dinpul&Mohmo...
yamatoのひとりごと
カメラとさんぽ
G-SHOT photo...
つれづれ日記
YASCH+Y
たのしいこと すきなこと
やきつべふぉと日記
ハンドメイドメイドでのほほん
London tea
ジャコの「何気ない日々の中で」
下手の横ズミ
気楽にいこうよ
画像一覧
ブログパーツ